<2547 / スアン・プリマヴェーラ>
【すあん・ぷりまう゛ぇーら】

種族 双羽蜉蝣
種族の説明
白鳥の翼に似た耳と、肩甲骨から少し離れた位置に纏わり付く虹色の蜉蝣の翅が特徴。体質は虚弱で成人前は死亡率が高い。背の翅は生来のものでは無く、一定の年齢に達した際に半年間繭の中に籠もることによって発現する。身体の一部というより飾りに近いもので、飛ぶことはできない。
職業 常世の歌い手
職業の説明
常春の国で最も美しい声の持ち主に与えられる呼び名。その優しく澄んだ声で紡がれる歌には傷や病を癒し魔を鎮める力がある。聴き続けた者は寿命が延びるとも言われているが、歌い手自身には効果が無い。
守護聖獣
ガルーダ
聖獣装具
年齢 16 性別
クラス 常世の歌い手 身長 標準
体型 細身 髪の色
瞳の色 肌の色
一人称 二人称 〜さん
口調 礼儀正しく 敬語 使う
性格
防御 ■□□□□ 攻撃 / 理性 □□■□□ 感情
狡猾 □□□□■ 純真 / 協調 ■□□□□ 自主
仕事 □□□■□ 恋愛 / 現実 □□□□■ 神秘
設定
【スアン】穏やかでふんわりした儚げな印象の少女。物静かな様に見えて存外積極的な行動派。疑う事を知らないので人の言う事を何でも信じ込む。感受性は強いが恋愛感情には疎い。音楽が大好きで音に敏感。綺麗な音を耳にするとふらふらと引き付けられてしまう。小さなアコーディオンを持ち歩いていて、行く先々で演奏を披露している。自身で歌う事も好きだが喉を痛めないよう最近は自粛しがち。声楽や奏楽の他に踊りも得意。 【キルシェ】春恋鳥/♀/鳴き声:「リィン」/花の精の一種で四枚の羽を持つ桜色の鳥。無邪気で歌好き。羽ばたくたびにひらひらと桜の花びらが落ちる。スアンと共に舞い踊る様は筆舌に尽くしがたいほど幻想的。
キャッチフレーズ
「今日は調子が良いから・・・後もう少しだけ」
人物相関図
【相互】1649:アイラス・サーリアス / 友人
【相互】1953:オーマ・シュヴァルツ / 友人
【相互】2083:ユンナ / 姉妹

所有OMC一覧 >>>一括一覧