コミュニティトップへ
高峰心霊学研究所トップへ 最新レポート クリエーター別で見る 商品別一覧 ゲームノベル・ゲームコミックを見る 前のページへ


所有オーダーメイドCOM作品一覧
人物相関データ
全身図 設定図 設定図
1985 <葛城・樹>

かつらぎ・しげる
18
音大生

都内の某国立音大の作曲科1年。予備校時代からのジャズ喫茶でのアルバイトの他に、従姉のウィンの経営するホテルでのミニコンサート支援や応仁守音楽事務所でのアルバイトもし始めた所。
普通
〜さん
礼儀正しく 使う

防御 □■□□□ 攻撃 / 理性 □□□■□ 感情
狡猾 □□□□■ 純真 / 協調 □□□□■ 自主
仕事 □□■□□ 恋愛 / 現実 □□□□■ 神秘

日本人の父が実業家、ドイツ人の母が高名な声楽家で何一つ不自由のない家庭に育ち、幼いうちから音楽の英才教育を受けた。文京区在住。繊細で純粋。生真面目かつ優しい。恋愛には奥手。押しが弱く振り回されることも多いが、いざという時精神的な強さを発揮する。予備校時代様々なことを体験し成長した。音楽をこよなく愛する。色々考えた末声楽科ではなく作曲科に進学。前髪の一部に銀色の天然メッシュが入っている正統派美青年。珈琲・紅茶や軽食・菓子を作るのが得意。歌はプロ級、声域はテノール、歌のレッスンは欠かさない。各種楽器(特にピアノとギター)演奏は上手。ルクセンブルク兄妹はいとこ。ついに恋人が出来た。

霊や妖精、物の怪等を認識し、交流できる。意志を込め即興で作曲するとその曲は魔力を帯び、イメージに応じた様々な効果をもたらす(呪歌作成)。効果は一度きりだが、他人が譜面に書かれたその呪歌を奏でても効果が発動する。呪歌の効果は樹の意志と想像力に依存する。


僕にとって夏のニューヨーク滞在はとても有意義なものとなりました。(実は毎日彼女にメールを出していたらしい)

※この項目は現在システム準備中です。
 「所有アイテム」に関しては、こちらの「所有アイテム一覧」から確認できます。




このサイト内の全ての画像・文章の著作権は株式会社テラネッツが有します。